車 CVT 寿命

自動車のCVTの寿命は何年?

CVTの平均耐用年数は?


 車の駆動方式については、一昔前までATミッションが主流になっていましたが、最近では、どのメーカーでもCVTという駆動方式が主流になりつつあります。このCVTには様々なメリットがありますが、壊れやすい傾向があることも知られています。CVTの寿命を走行距離で言えば、車種による違いはありますが、約8万キロメートル程度です。

 

 1年で約1万キロメートルの距離を走るとすれば、平均耐用年数は約8年ということになります。部品などの経年劣化が進めば、大きな摩擦音が鳴り、大変なストレスが発生していると認識することができます。

 

 大手自動車メーカーがCVTに変更するようになった背景として、理論上非常に効率が良い変速機である、という点があります。また、無断階に変速するため加速がスムーズになる、という快適性もあります。

 

 更に、ATミッションに比べて燃費が良い、という経済面でのメリットもあります。CVTには、このような良い点があるのですが、壊れやすく平均耐用年数がATミッションより短いため、CVTとATミッションの双方のメリットについて、バランスを考える必要があります。また、ATミッションの車からCVTの車に乗り換えた人であれば、ATミッションの車よりも早い時期に壊れる可能性があることを肝に銘じておくことが大切です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ